ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

イブのりんご (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブレイクと私が結婚?冗談じゃないわ!そりゃあ彼は有能なパートナーで、親友とすら思っているけど。だって両親も親友同士だし、私たち昔は一緒にお風呂に入ったこともあるのよ。今さら結婚なんて考えられないわ―幼なじみとの縁談を笑いとばしていたジアンナだったが、絶世の美女ミーガンの出現に、事態は思わぬ方向に展開した。今まで女性にほとんど興味を持たなかったブレイクが、ミーガンにはすっかり夢中になってしまったらしい。喜んでいいはずのジアンナの心は、にわかに波立った。こんなつもりじゃなかったのに…。

上役にご用心 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
テイマーは大手新聞社の役員秘書。美人で有能という評判の彼女も過去のあやまちから社内恋愛は絶対しないと固く誓いをたてている。ある日突然、会社が吸収合併されて新しい上司がやってきた。“ドラゴン・マン”と異名をとるダーガン・カーマイケルは、情け容赦のない経営と名うてのプレボーイとして知られる有名人。おまけに初対面のテイマーを掃除に来たと間違える始末だ。第一印象こそ最悪だったものの、ダーガンの仕事ぶりや心遣いにテイマーも次第に心惹かれていく。でも、“社内恋愛厳禁”という自分の主義は絶対に曲げたくない。とはいえ、このままダーガンのそばにいると決意も揺らいで…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェルズ,アンジェラ
学校卒業後、エキサイティングなロンドンの広告業界に身を置き、キャリアを積んだ。同僚と結婚し、男の子が一人。しばらくは育児に専念したが、趣味として小説を書き、これが作家としての出発点となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

エンジェル・キス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ベビーシッターのテッサにまた新しい仕事の口がかかった。学校が夏休みの間、七歳の少年の世話をするという話だ。少年の父親マーク・レイランドは多忙なトラベル・ライター、母親は四年前、少年を置いて家を出ていた。その仕事を引き受けるかどうかは様子を見てから決めるつもりで先方の家を訪ねたテッサだったが、マークはほとんど強引に事を決めてしまった。常に自分の思いどおりにする男―それがマーク・レイランドだ。そんな彼のやり方に反発を覚えながらも少年の境遇を思うとテッサは同情せずにはいられなかった。

情熱はほろ苦く (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
クレアは四歳のときフレッチャー家の養女になったが、六年後に養父母が事故で他界すると、義理の祖父に引き取られた。吝嗇な義理の祖父は血のつながりのない孫娘をろくに学校へも行かせず、無給のメイド兼看護婦としてこき使った。しかし、その義理の祖父も長患いの末に亡くなり、弁護士によって遺言が読み上げられたとき、クレアは愕然とした。いとこの一人と結婚するという条件つきで全財産が彼女に譲られるのだ。長年、義理の祖父に尽くしてきた使用人の老夫婦には何も遺されていない。私は何もいらないけれど、このままでは老夫婦が路頭に迷ってしまう。クレアは悩んだあげく、いとこの一人デインに思いきって結婚を申し込む。十六歳のときに彼女の心を切なくときめかせた男性―いまや大財閥のトップで、多くの女性と浮き名を流しているデインに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在三人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

熱砂に燃えて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
写真家としてアラブに取材に行った兄が、反政府組織に誘拐された!その知らせを受けたクリスティ・ダルトンは、兄の救出に力を貸してくれそうな人物に接触を試みた。シーク・シャリフ・ビン・ユセフ・アル=サエド。国際的実業家としてその名を知られたサウジアラビア人だ。だがクリスティには、彼の魅力的で洗練された外見の下に、冷酷非情な顔が潜んでいるように思えてならない。事実、クリスティの必死の懇願も、なんの効果もなかった。そこで彼女はシャリフの不利になる情報を切り札としてちらつかせ、彼と一緒にアラブに行く保証を取りつける。しかし彼の国では、未婚女性は友人とはみなされず、妻か、あるいは愛人を装わなくてはならないという…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。三児の母。若いころ、秘書学校を卒業してすぐ友人とともに客船で対岸のオーストラリアにわたり、働いてためたお金で車を買って大陸の旅をした。その旅先で二人とも生涯の伴侶を得たというロマンスの主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

嘘は恋の始まり (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“警察では昨夜起きた当て逃げの犯人の捜索を…”モーネイはラジオのニュースを耳にして凍りついた。義兄が起こした事故のことを言っている!運転を任せるんじゃなかった、と後悔しても遅すぎる。助手席から、車の前に現れた男性の姿がはっきりと見えた―長身で黒っぽい髪、貴族的な顔立ちの人だった。ところが、被害者ブラッド・ケンドリックのほうもこちらの顔をしっかりと見ていたのだ。そうとは知らず、入院中の彼の病室に迷いこんだモーネイは彼に脅されて、怪我が治るまでの間、付き添いをすることになった。

内容(「MARC」データベースより)
「警察では昨夜起きた当て逃げの犯人の捜索を…」 モーネイはラジオのニュースを耳にして凍りついた。義兄が起こした事故のことを言っている! 運転を任せるんじゃなかった、と後悔しても遅すぎる…。

危険な嘘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
タニア・カーターは、子供靴専門の店を開くため、一人娘のルーシーとともに、チェシャーの小さな町に越してきた。ルーシーが生まれたのは十一年前、タニアが十八の時だった。身寄りのない母と子だけの生活は苦しかった。でもこれからは…。念願だった店を持ち、このまま順調にいけば、大事な大事なルーシーに、古着以外の服だって買えるかもしれない。だが、店に現れた町の有力者の言葉で、未来に暗雲が漂い始めた。「義弟とすぐに別れろ。さもないと店の妨害をする」いったい何のこと?身に覚えはないわ。そんなタニアの抗議を、その男ジェイムズは聞こうともしない。

内容(「MARC」データベースより)
念願だった子供靴専門の店を開くため、娘のルーシーとともに小さな町に越してきたタニア。だが、店に現れた町の有力者ジェイムズは、義弟と別れないと店の妨害をすると言う。身に覚えのないタニアは抗議するが…。

夢がかなう日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
雇い主と喧嘩して仕事をやめたばかりのシェフ、ダニーは、間近に迫ったクリスマスを思って憂鬱になった。家族が集まり、また私をけなすのだ―落ちこぼれのダニーと。特にあの完全無欠の姉ニコルが無職の私を何というか…。暇になったダニーは、足首を挫いた掃除婦ミセス・Bの代わりにマックファーレン家の掃除に向かった。そこで彼女は、完璧な男性キャメロンに迎えられる。端整な顔立ち、男らしい体つき、名声、富。彼をクリスマスに家に連れて帰れたら…。ダニーは考えた。私もついに家族に認めてもらえるかもしれない。ダニーは得意の料理で彼を懐柔する作戦に出た。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダーシー,エマ
フランス語と英語の教師を経て、結婚後、コンピューター・プログラマーに転職。現在はオーストラリアのニューサウスウェールズにあるカントリーハウスに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋した人の名は… (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
私はいつしか夫を…ブレイクを愛していた!夫の乗った飛行機が行方不明になったとき、ジュリアーナは初めて自分の心に気づき、愕然とした。裕福な暮らしと好きな仕事を手にしたかったジュリアーナ。愛されることを嫌い、男を束縛しない自立した女性を求めたブレイク。そんな二人が結婚したのは、互いにとって理想的で都合のいい相手だったからだ。あれから一年…望みどおりの結婚だと思っていた。だが、本心に気づいたジュリアーナは、無事で帰ったブレイクを前に混乱状態に陥った。彼の妻でいたいなら、愛を隠して暮らすしかない。だけど、今までみたいな結婚生活ではもう満足できないわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛がなければ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブライアーの父ザヴィアのパーティには名士ばかりがつどう。その父から青年実業家カイナン・ロスをもてなすよう言われ、これは何かあると彼女は思った。案の定、ザヴィアは資金繰りに困っているらしいとカイナンから聞く。自分も借金を頼まれて断ったのだが、どうやら娘を取り入らせて援助させようということらしい、とカイナン。とんでもないわ!だれがこんな人に取り入ったりするものですか!激昂したブライアーだったが、そのしばらくのち、父親が心労のあまり倒れてしまう。弱気になった彼女に、カイナンが条件付きで援助を申し出た。「ぼくは求めるものに最高の値をつける。ほしいのは花嫁だ」。

内容(「MARC」データベースより)
父ザヴィアのパーティには名士ばかりがつどう。その父から青年実業家カイナン・ロスをもてなすように言われ、これは何かあるとブライアーは思った。案の定、ザヴィアは資金繰りに困っているらしいとカイナンから聞く…。

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}
{シルキー天国} {ROSIBUN}

oooリアクション芸人ooo 台東クラブooo デジモク-DIGIMOKU-ooo 神奈川いいとこじゃん!ooo 千葉の酒蔵ooo ひんやりooo 千葉市のプール一覧ooo GOGO!江戸川区!ooo よい街、品川ooo 「TaEco」(タエコ)ooo 国家の要!千代田区ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo AV機器ooo ライズスモーカーooo アキバ中毒のページooo 千葉県の施設ooo 風呂の事ooo 千葉県南房総 館山市.COMooo ダーツ大好き@千葉ooo 葛飾区を知れ!ooo