ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

緑匂う風 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エルスペスはロンドンの銀行に勤めるキャリア・ウーマン。結婚を前提につきあう恋人とも共通点が多く、完璧とまではいかないが、今の生活にも満足している。そんなとき、突然田舎の両親が旅行に出かけると言い出したのでエルスペスはあわてた。チェシャーの農場は誰が管理するのだろう?両親が始めた有機栽培は評判もよく、収益が上がっているからだ。ところが母親は、カーターに頼むから心配はいらないと言う。彼はエルスペスの従兄で、将来のために有機栽培を勉強中らしい。もしかしたら、カーターは両親の事業を乗っ取る気かも…?エルスペスは心配のあまり、休暇をとって彼を監視することにした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
チェシャーに住む主婦作家。結婚後しばらく大手銀行で働いていたが、現在は家庭で執筆に励む毎日(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

嘘は恋の始まり (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“警察では昨夜起きた当て逃げの犯人の捜索を…”モーネイはラジオのニュースを耳にして凍りついた。義兄が起こした事故のことを言っている!運転を任せるんじゃなかった、と後悔しても遅すぎる。助手席から、車の前に現れた男性の姿がはっきりと見えた―長身で黒っぽい髪、貴族的な顔立ちの人だった。ところが、被害者ブラッド・ケンドリックのほうもこちらの顔をしっかりと見ていたのだ。そうとは知らず、入院中の彼の病室に迷いこんだモーネイは彼に脅されて、怪我が治るまでの間、付き添いをすることになった。

内容(「MARC」データベースより)
「警察では昨夜起きた当て逃げの犯人の捜索を…」 モーネイはラジオのニュースを耳にして凍りついた。義兄が起こした事故のことを言っている! 運転を任せるんじゃなかった、と後悔しても遅すぎる…。

恋した人の名は… (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
私はいつしか夫を…ブレイクを愛していた!夫の乗った飛行機が行方不明になったとき、ジュリアーナは初めて自分の心に気づき、愕然とした。裕福な暮らしと好きな仕事を手にしたかったジュリアーナ。愛されることを嫌い、男を束縛しない自立した女性を求めたブレイク。そんな二人が結婚したのは、互いにとって理想的で都合のいい相手だったからだ。あれから一年…望みどおりの結婚だと思っていた。だが、本心に気づいたジュリアーナは、無事で帰ったブレイクを前に混乱状態に陥った。彼の妻でいたいなら、愛を隠して暮らすしかない。だけど、今までみたいな結婚生活ではもう満足できないわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

情熱に気をつけて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十一年前の夏、十六歳だったケイト・シートンは、コーンウォールの伯母の家を訪れ、そこで出会った青年ジョスと激しい恋に落ちた。十九歳と偽ってジョスと結ばれたものの、彼に妻子がいることを知らされ、その恋は無残に終わった。両親の家に戻った彼女を待っていたのは妊娠という現実だった。やがて生まれた娘も今や美しく聡明な女性に成長し、花嫁になる日を迎えた。式の当日、ケイトに紹介された新郎の親戚は思いがけない人だった。ジョス、二度と会うことはあるまいと思っていた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
チェシャーに住む主婦作家。学生時代からレジャーにはスポーツより読書を選ぶタイプでハーレクインの前身ミルズ&ブーンのロマンスを愛読していた。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は家庭で執筆に励む毎日(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

砂漠の旅は大騒ぎ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
三年もつきあってきて、急に結婚しようなんて、どうして?エイドリアンナは突然のプロポーズに迷いながら、セスナの操縦桿を握り、大空へ飛び立った。いつもながらの爽快感。一度飛んで以来やみつきになっている。アランとの関係は多少ぬるま湯のようだけれど…エアーズ・ロックの上空を飛びながら彼女は決心した―結婚しよう。だがその直後、飛行機は砂漠の真ん中に不時着した。無線機は壊れ、捜索機も来ない。が、絶望の夜が明けたとき、土埃の中から思いがけないものが現れた。駱駝の背に揺られた一人の男―日に焼けた精悍な顔と厚い胸板にオアシスのような目をした彼は、まさに奥地の男だ。

内容(「MARC」データベースより)
やみつきになったセスナの操縦にいつものように出かけたエイドリアンナは、砂漠の真ん中に不時着した。無線機も壊れ捜索機も現れず、絶望の夜が明けた時、ラクダに乗ったひとりの男が現れる。

イブのりんご (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブレイクと私が結婚?冗談じゃないわ!そりゃあ彼は有能なパートナーで、親友とすら思っているけど。だって両親も親友同士だし、私たち昔は一緒にお風呂に入ったこともあるのよ。今さら結婚なんて考えられないわ―幼なじみとの縁談を笑いとばしていたジアンナだったが、絶世の美女ミーガンの出現に、事態は思わぬ方向に展開した。今まで女性にほとんど興味を持たなかったブレイクが、ミーガンにはすっかり夢中になってしまったらしい。喜んでいいはずのジアンナの心は、にわかに波立った。こんなつもりじゃなかったのに…。

青ざめた月 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ナターシャは、結婚式を目前に控えたいとこのエマからとんでもない頼みを押しつけられた。今夜のパーティで、ナターシャにエマのドレスを着てもらいたい、これには深いわけがあってどうしても、というのだ。胸と背中が大きくあいた黒のミニ・ドレスは挑発的で慎み深いナターシャにとって、いたたまれないほどのものだった。実際パーティでは、男性の執拗な視線がどこまでもついてきた。ルーク・テンプルコームもその中の一人―彼はナターシャが経験豊かで遊び好きの女性と勘違いして月明かりの下、逃げる彼女を熱い口づけで追いつめた。

内容(「MARC」データベースより)
無理やり大胆なミニ・ドレスを着せられてパーティーに出たナターシャ。男性の執拗な視線がどこまでもついてくる。なかでもルークは、ナターシャが経験豊かで遊び好きの女だと勘違いして、しつこく追いかけてくるのだ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

一夜だけの花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ゆっくり目を開けると、ベッドの上にいた。けがをしてるらしく、頭に包帯を巻かれている。いつ、どこで、どんな目に遭ったのか、何も思い出せない。「アンナ起きるんだ!」見知らぬ男性が顔をのぞき込んで言った。「誰なの?」ふたたび薄れていく意識の中で相手に問いかけた。信じられない答えが返ってきた。夫、ですって?わたしは結婚なんかしていないわ。指輪の跡もないのよ。そのとき、すさまじい雷鳴と稲妻が幻覚となって現れた。指から外され、閃光にあたってきらめく結婚指輪!行かなければ…でも、何もわからないままどこへ行けばいいの?たくましい腕をさしのべるセバスチャンという“夫”に導かれて、結婚の夜まで記憶をさかのぼれば、自分が誰かわかるのだろうか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ラクレア,デイ
家族とともに、ノースカロライナ州東岸沖の小さな島、ハッテラス島に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

楽園の憂鬱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大学卒業を間近に控えたアンナの前に、幼いころから恋い焦がれるダン・トーレンが四年ぶりに現れた。彼は作家として成功を収め、今はバハマの孤島で暮らしていた。急死したアンナの後見人、ギャビンの遺言によれば、息子のダンが後見人の役を引き継ぎ、アンナの面倒を見るという。初恋の人との再会で半ば自暴自棄になって体調を崩したアンナになぜかダンは好意を示し、自分の島で静養させようとする。四年前、あの別れの日にダンを愛する気持も捨てたはず。それに彼には奥さんと息子もいる―アンナは自分に言い聞かせた。ところが、ダンは彼女への熱い思いを隠そうとはしない。

愛しい人と眠る夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャロラインはナニーとして二年間、エイムズベリー家で働いた。しかし、それももう終わり。一家が引っ越すことになったためだ。あと数週間で彼女には仕事も、住むところもなくなる。そんなとき、新しい仕事の話が舞い込んだ。ある裕福な実業家がすぐに仕事につけるナニーを探しているという。だが相手の名をきき、彼女は呆然とした―マシュー・キャラン。数年前憎しみと軽蔑に満ちあふれた顔で、別れを告げられた相手だ。そしてナニーが必要な子供は、キャロライン自身の娘に違いない。産んでから一度も、この腕に抱くことさえできなかった娘。娘の顔が見たい。キャロラインの心は揺れる。今の彼女は名前も変え、整形手術をしたため見かけは別人のようだ。きっとマシューにはわからない。キャロラインは決意した…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィルキンソン,リー
イングランド中部ノッティンガム生まれ。学校を卒業後、水着モデルなどいくつかの仕事を経験する。二十二歳で結婚。短編や雑誌の連載小説から執筆活動を始めた。現在、ダービーシャーの村にある由緒あるコテージに住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}

oooニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo 芸能人女子フットサルooo リネージュIIクロニクル4ooo 将棋好き好き@千葉ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 葛飾区を知れ!ooo ファッション.コレクションooo 花ざかり千葉ooo 鶯谷・うぐいすだにooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo カレー大好きキレンジャー!ooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo A&Dooo 千葉の道の駅ooo 千葉県の自然ooo Rest for a momentooo 新鮮 魚料理を食すooo